賃貸とレンタルスペース、どっちを選ぶ?

賃貸とレンタルスペースの主な違いって?

賃貸のメリット

まずはオフィスを借りることと買うことの違いをみていきましょう。
借りることのメリットとしては、初期費用が抑えられる、移転や拡張縮小がしやすい、管理業務は管理会社に任せられるなどがあります。
逆に買った場合は、企業としての信頼性が高まったり、社内のレイアウトを自由に変えられるというメリットがありますね。
社員を大勢抱えている会社なら買うことも視野に入りますが、中小企業なら借りるほうが一般的でしょう。
1フロアのみ借りれたり、1室だけでも可能なので費用も抑えられ、都内の家賃の高い地区でも手が届きやすいですね。
事業を始めたい方、オフィスを移転したい方などにおすすめ、次の記事では設備や環境についても詳しく見ていきましょう。

賃貸のデメリット

賃貸の場合、内装工事やインターネット環境の工事など始めの作業に時間がかかってしまうケースが多いです。
さあ仕事を始めるぞ!といっても準備に手間がかかります。
レイアウトを自由に変えられることは良いことですが、自宅の引っ越しと同様で机や椅子もすべて準備する必要があります。
ここで比較したいのがレンタルスペースとの違いですね。
レンタルオフィスの人気も急速に上がってきていますが、賃貸と違い、インターネット環境がすでに整っていたり、椅子などの設備が準備されていたりと至れり尽くせりなわけです。
楽に早くが人気の時代にもってこいのサービスですね!
賃貸とレンタルスペースのメリット、デメリットを比較していきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る